masaki_00_eyecatch.jpg




そろそろ 2018 年も終わりに近づいてきましたね。2018 年最後のインタビューは、この方...


masaki_01.png




おっと、忙しそうに仕事をされていますね。ここは出直したほうが...


マサ「あ、気にしないで入ってください!待ってましたよ」


よかった、ではお邪魔します!今日はよろしくお願いします。


マサ「こちらこそ、なんでも聞いて下さい」


ありがとうございます。今日は、マサさんを良く知る先輩というこの方にも、同席してもらいましょう。


トオル「マサさんのことなら任せてください」


masaki_02.png




もちろん、今日はトオルさんの話も聞けたら嬉しいなと思っています!
――それでは手始めに、マサさんの今のお仕事について教えてください


マサ「現在は、BtoBのwebサイトの改修を行っています。
チームで開発していて、4人のメンバーを取りまとめています。
いろんなキャリアのメンバーがいるので、毎日のように目線や表情を見て、
悩んでいることや落ち込んでいることはないか、些細な変化に気づけるように心がけています」


トオル「マサさんは普段からすごく面倒見がいいよね。
入社したばかりの、技術研修中のメンバーにも積極的に声をかけている。
実際に話すことをすごく大事にしている印象があります」

――もともと、以前はどんなお仕事をしていたんですか?

マサ「前職は家電製品を動かすための組み込み開発や、技術営業をしていました。
でももっと、プログラミングだけをやりたいと思って。
アプリ開発を一人で最初から最後まで出来るようになりたいと、転職を決意しました」


――FOX HOUNDへの最初の印象はいかがでしたか?


マサ「会社の雰囲気、社風は最初にイメージしたのと変わりませんね。
驚いたのは、希望を出せば、希望を叶えるルート作りの相談にのってもらえるところ。
もちろんそれを叶えるための努力が出来るかは自分次第ですが、
やりたいことを話せる場を作ってもらえるのは有難いなと思いますね」


マサ「さすがに、採用面接で取締役が出てきたときはドキドキしましたが(笑)
立場が上の人と話せる面白さがすぐに体感できるのも、今思えばFOX HOUNDならではですね」


トオル「エンジニアとして、だけじゃなくて、事業部内のチームリーダーも担ってくれているよね。
もともと同期入社のメンバーをまとめる役割を研修中から任せていたけど、
研修が終わっても引き続きリーダーをやってくれています。
マサさんなら、メンバーをよい方向に導いてくれると思って任せました」


――リーダーを務める前後で、自分で変わったなと思うことはありますか?


masaki_03.png




マサ「やる前はとにかく頑張ろうという気持ちだけだったと思います。
実際に職を任された後は、責任感、自分のやったことの影響力、
自分がどういう風にみられるかを考えるようになりました」


マサ「自分が発する言葉の影響力や、人によってどう話し方を変えるかについても、
以前よりは意識して行動できるようになってきたと思います」


――トオルさんから見て、マサさんはどういうところで成長しているなと感じますか?


トオル「最初は固定概念にとらわれて、“普通ダメでしょ”という考えに自然と縛られていた印象がありました。
FOX HOUNDはもっと自由な発想が大切だと繰り返し伝えて、最初から否定しない姿勢や、
ダメなものはなぜダメなのか、根本にある理由を考えてから発言できている場面が以前よりもずっと増えました」


トオル「マサさんとは、今でも話し方や考え方について話すことが多いですね。
彼も自分の課題や、やるべきことを自覚しているからこそだと思います」


マサ「トオルさんは、まとっている雰囲気に拒絶感がない。
いつでも話を聞いて、柔らかく受け止めてくれるんです。
だからこそ、些細なことでも相談させてもらってます」


――直近では、同僚のチームリーダーをまとめる立場にあるとも伺いました。


マサ「はい。まとめるときには、それぞれのリーダーの個性をつぶさないことを心掛けています。
明るくて勢いのある人、爆発力がある人、静かだけどメンバーに寄り添っている人…
FOX HOUNDにはいろんなリーダーがいるので、
個々のリーダーが自分の個性を生かして業務に取り組めるように気を付けながら率いていきたいと思っています」


マサ「でも中には自分と大きく年の離れたリーダーもいて、
彼らがどんな考えを持っているのか理解するのに苦労していますね」


トオル「その点は、俺もすごく悩んだよ」


マサ「本当ですか?」


トオル「うん。俺も、“年は違うけれど、話を聞いて理解してくれる存在”になりたいとずっと思ってきた。
口調の強さ、話を聞く姿勢、表情のやわらげ方…いろいろ研究して今の自分がいるよ」


マサ「その話、あとで詳しく聞かせてください!」


――二人の厚い信頼関係が見えてきますね
ではマサさんが、これだけは誰にも負けない、と自信をもっていることは何ですか?


マサ「顔の広さ、ですかね。
会社で声をかけるのは勿論ですが、業務外でも、社内のサークル活動で話す機会を積極的に作っています。
普段少しでも話している相手の方が、助けてほしいと思ったときに頼りやすいと思うんですよね。
実際、自分のチーム以外のメンバーから声をかけられることも増えているので、
これからも続けていきたい取り組みの一つです」


トオル「いろんなことをやっていると思うけど、マサさんが目指したい理想のリーダーってどんな人なの?」


マサ「締めるところは締めつつ、緩めるところは緩める。
そんなメリハリはありつつも、気軽に頼りたいと思われるリーダーというのが理想ですね」


トオル「マサさんらしくていいね。
今までリーダーという立場を務めるなかで、たくさんのことを考えてきたと思うけど、
その考えが花開くのはこれからだと思います。この先もどんどん考え続けてほしいですね」


――マサさんの、常に周りを冷静に見て動こうとされている姿はさすがですね。
良い話が聞けている途中ですが、この辺りで少し休憩を入れましょうか


マサ「そうですね、のどが渇きましたし…」


トオル「……!?」


masaki_04.png




ん? トオルさん、どうしましたか?


トオル「なんだか、背後から殺気を感じるんです…」


殺気って…トオルさんの後ろにいるのはマサさんしかいませんが…あれ!?
マサさん、その、腰に下げているのはもしかして!?


masaki_05.png




マサ「ああ、いつどこから攻撃されるかわかりませんからね。いつも携帯していますよ」


ええ!!!日本で銃を持ってたらどうなるか…


マサ「冗談ですよ、これはサバゲ―用です」


ああびっくりした…サバイバルゲーム用の武器なんですね。しかし、よく出来ていますね


マサ「高性能な武器が多くて、つい集めたくなってしまいますね。
好きが高じてFOX HOUNDでも”サバゲー部”を発足したら、男女問わずたくさんの人が興味を持ってくれて、
楽しく活動できています」


masaki_06.png




トオル「マサさんがサバゲー部の部長なんですが、頼りがいもあるし、何せ強い!」


――って、トオルさんも銃を持ってるじゃないですか!


masaki_07.png




マサ「実はトオルさんも、サバゲー部発起人の一人なんです」


――なんとも物騒な光景ですが、、、業務外でも関わりがあるんですね。
サバゲ―の面白さって、どんなところにあるんですか?


マサ「なんといってもスリルと爽快感!戦略性があるので、何度やっても楽しいです。
大人が童心にかえって遊べるのもいいですね。
サバゲ―が終わった後は、温泉に入って、飲み会へ。1日中思い切り楽しみます」


トオル「部下から撃たれたり、逆に先輩を倒せたり、“下剋上”ができるのも面白いよね」


マサ「気軽に参加して楽しめるとあって、
自分だけではなくメンバー同士が誘いあってどんどん部の規模が大きくなっています。
人数が多ければ多いほど楽しめるのがサバゲ―のいいところなので、ぜひ皆さん参加してください(笑)」


――どんな場面でも頼りがいのあるマサさん。今後FOX HOUNDでやりたいことはありますか?


マサ「やはり、当初やりたいと思っていたアプリ開発ですね。
自分が作ったと誇れるアプリを出して、売上を上げたいと思っています」


マサ「社会人としては、今以上のポジションを任されるような人材になりたい。
ゆくゆくは事業を任せてもらえるような人になりたいです」


トオル「そのために、どこにニーズがあるのかを把握するだけではなく、
それを実現できるスキルを身につけてほしいと思います」


――そんなマサさんが、今後一緒に働きたいのはどんな人ですか?


マサ「人とのつながりを感じながら楽しく働きたい人、ノリのいい人がいいですね」


トオル「マサさんの思う、“楽しく働く”ってどういうことなの?」


マサ「自分たちの苦労をわかちあったり、
仕事の大変さを共感したりしながら成長できるのが“楽しい”ということかなと考えています。
お互いに相談しあいながら、切磋琢磨したいような人がいいですね」


――では最後に、二人からこのHPを見ている人にメッセージをお願いします。


トオル「FOX HOUNDではただリーダーに責務を与えるだけではなく、
メンバーとの向き合い方や考え方についても積極的にサポートしています。
ちゃんと時間をとって育成する姿勢があるからか、
FOX HOUNDでリーダーになっている人は、実は軒並み評価が高いんです。
これからリーダーになる人にも同じように全力でサポートしたいと思っていますので、ぜひ手を挙げてほしいです」


マサ「FOX HOUNDはチャンスをくれてステップアップをさせてくれる会社であり、
躓いたときにも親身にアドバイスをしてくれる会社です。
いろんな人がいるからこそ、自分に合う人も、一緒に切磋琢磨できる人もいると思います。
いろんな人との出会いを楽しめる人に、私も会いたいです!」


――では最後に、とびっきりのキメショットをお願いします!


masaki_08.png




――二人とも本気…!
仕事も遊びも全力で楽しむ!トオルさん、マサさん、ありがとうございました!