00_eyecatch.jpg



みなさん、こんにちは!!
今日お話を聞くのは、FOX HOUNDの中でもひときわ目立つこの方…
果たしてどんな話が聞けるんでしょうか?読書中ですが、勇気を出してお声がけしたいと思います!


01.jpg



本を読んでいるところ失礼します…


アキ「あ、熱中していて気が付かずすみません。今日はよろしくお願いします」


静かな人かなと思ったけど、いろいろお話聞けそうでよかった…!
――ではまず、今のお仕事内容を教えてください。


アキ「現在は自社内のチームに所属して、旅行系webサイトのリニューアルを行っています。
チームはいくつかのグループに分かれて開発していて、私はそのグループのひとつで、
いわばリーダーとしてのポジションを担っています。
もちろん自分でも開発はしていますが、リーダーとしてメンバーのことも日々気にかけています。
タスクの優先順位や工数の確認、進捗状況だけではなく、困っていることや何か問題はないかをみて、
何かあればすぐ解決するように動いています」


――今回のプロジェクトは、ご自身にとってどんな印象ですか?


アキ「今まで担当してきたものより、規模も大きく期間も長いので
その中でどう振る舞うか試行錯誤しながら開発をしています。
その一方で、自分に起きている変化も感じています。
これまでいくつかのプロジェクトを担当してきましたが、その中には今あるものを直すプロジェクトも、
どの言語を活用するかということから決めるような0からのプロジェクトもありました。
あらゆる経験のおかげか、新しい開発を頼まれた際、
全体像がぼんやりとでも想像できるようになったなと感じているんです」


アキ「ゴールに対してどんなルートで進むか、複数の方法を考えられるようになってきたので、
経験を積むごとに的確に、安全にシステムを開発出来ていると思います」


――開発者として、案件の中からも日々いろんなことを学んでいるんですね。
そもそもアキさんはどうして、プログラマーになろうと思ったんですか?


アキ「子供のころから、考えて物を作ることが大好きでした。
工作、小説、作曲…興味があることにはいろいろと手を出してきたんです。
一方で、大学生のころ、アルゴリズムの授業を受けてその面白さを感じていました。
その当時は理論を追い求めるのに興味があってプログラミングに触れることはありませんでしたが、
いざ就職するというときになって改めて考えた際、
『ものを作ることが好きな気持ち』と『アルゴリズム』に両方携われるプログラマーになろうと決めたんです」


02.jpg




アキ「でも正直、最初はこの仕事に対して、私の中に少なからずマイナスイメージがありました。
日々単調で、コミュニケーションが少ない仕事だと思っていたんです。
そのイメージを見事に覆してくれたのが、FOXHOUNDという会社でした」


――ここでFOX HOUNDが登場するんですね!最初に会社に来た時のことは覚えていますか。


アキ「私が採用面接を受けたとき、経営陣が面接官をされていました。
最初は恐かったんですが(笑)話しているうちに、ここでならプログラマーとして働くイメージを具体的に描けたし、
何より面接自体を楽しめた。
自分の話をしっかり聞いてもらえたことも、FOX HOUNDで働こうと思った理由のひとつです。
入社後の技術研修は大変だったし、わからないことも多かったけれど、
わからないなりにすごく面白く感じていたのを覚えていますよ」


――では、プログラマーの仕事で特に大変だと思うことは?


アキ「わかりやすく成果物として残る仕事だからこそ、求められているものが期限までに終わるか、
求められているクオリティを出せているか、プレッシャーを感じながら開発をする状況そのものでしょうか。
今も常にプレッシャーはどこかで感じています。お陰様で評価してもらっている分、
任せられることのレベルも上がって来ていて、新しく挑戦することが増えています。
そんなときこそ、やるしかないと考えて、すぐ行動に移しています」


アキ「大変な仕事ですが、プログラミングが好きで楽しい気持ちに変わりはありません。
やっぱり、やればやるほど面白いです」


――好きで、面白く感じられるからこそ大変でも前向きに続けていけるんですね。
ところで、さっきも集中して本を読んでいましたが、仕事の中でも本を活用しているんですか?


アキ「とにかく、本は大好きですね!毎月3冊、新しい本を購入してもらって読める環境にいるので、
いろんな内容の本を手に取っています。本は、今目の前にある問題の解決方法を探るためではなく、
興味をひかれるものをどんどん読んでいます」


――本の話になるとさらにテンションが上がりましたね!


03.jpg




随分難しい本も読んでいるようですが、これ全部を理解できているんですか!?


アキ「一度読んだだけで理解出来たらいいんですが…そうとは限りません。
でも、ざっとでもいいからすべて読み切るようにしています。
プログラミングに取り組むときには、『わからないならわからないなりにそのまま受け入れて突き進む姿勢』と
『わからないことを突き詰めて考える姿勢』を適宜使い分けることが重要だと思っているんです。
この二つの姿勢の使い分けを、本を読むことで鍛えています」


――本の読み方も、プログラマーの仕事に活かされているんですか!


アキ「他にも、読書が生かされていると思える場面はいくつもありますよ。
最初読み始めたときにはわからなかったことも、数か月経ったあとにピンと来て、
もう一度同じ本を読み直して理解を深めることがあります。
本で得た知識を同僚に教えることもありますし、実務の中で思わぬところでヒントをもらうこともあります」


アキ「本を読んで知識を得られれば、選択肢が増えます。知っていて損をすることはない。
FOX HOUNDでの開発は自分に裁量がある場合が多いので、新しい知識を活かしやすいと思います」


――読んだものすべてが、アキさんの糧になっているんですね。
プライベートでも、本は読むんですか?


アキ「はい。今は技術書を読むのに割いている時間が長いですが、ジャンル問わずいろんな作品を手に取ります。
推理小説や数学書、哲学書なんかも読みますね。技術書は自分に落とし込んで、理解することが目的ですが、
プライベートの本はただ熱中してその面白さを堪能しています」


――なんだかもっとお話を聞きたくなってきました!他にも熱中していることはありますか。


アキ「今日は他にも持って来たんですよ。まずはこれですね」


04.jpg




――ルービックキューブですね!でも、これ一つ一つのマスの大きさが違うのでは…?


アキ「そう、ルービックキューブにはいくつも種類があるんです。
小さいころ、解けなくて悔しい思いをしたのがきっかけで練習しました。
最初は無駄なく効率的な解法を調べていたのですが、自分でもやっていくうちに、
自分なりの解法を見つけることに面白さを感じるようになりました。
解くまでの没入感や、ぐっと集中出来る感覚が心地いいんですよね」


――集中したり、熱中したりする感覚を楽しんでいるアキさん。他には…?


アキ「作曲も好きですよ。ピアノを中心に、ソフトを使って曲を作るんです」


――楽器はもともと弾けるんですか?


アキ「ええ、大学のサークルなどでバンドを組んでいて、
ギター、ボーカル、ベース、キーボードをやったことがあります。
バンドを組んでいた時、思いついた楽曲を口で説明するのが難しいと感じて以来、
自分で曲を作ってメンバーに聞かせていました。ほら、これが作曲の画面です」


05.png




――なるほど…これを動かしながら曲を作っているんですね。本当に多才!


アキ「最近も、作ったからには第三者に聞いてもらおうと思いアップしました。
そもそも作るのが楽しいというのもあるのですが、ほかの人が自分の作ったものを見てどう思うか、
反応がほしいので、必ず見えるところに残すんです」


06.jpg




アキ「そうそう、最近チェスも始めたんですよ!」


――それでここに、チェス盤があったんですか。洋書の教本もありますが…


アキ「形から入るタイプなので、興味を持ってすぐにチェス盤と教本を買いました。
まだ始めたばかりですが、この出来るようになるまでの過程が面白くて好きなんです。
世界中の人がプレイしているゲームなので、早く自分も覚えて出来るようになりたいですね」


07.jpg




――出来るようになりたいこと、やりたいことがたくさんあるんですね!


アキ「そうですね、様々なジャンルの物事に挑戦したいです。
自分が想像している、他者からの自分のイメージをあえて裏切るようなことをやってみたいですね」


――話を聞けば聞くほど、アキさんの魅力があふれ出てくるような気がします。
そんなアキさんが思う、FOX HOUNDの良いところを教えてください。


アキ「社長をはじめ、上の人が新しいものを好んでいる、保守的でないところですね。
常にアンテナを張っている人が社長だからこそ、社内が活発なんだと思います。
いろんな社員がいるのを傍から見ているとすごく面白いし、実はこのインタビューを読むのも好きなんですよ」


――嬉しい、ありがとうございます!
では、この会社で叶えたいアキさんの”野望”は?


アキ「自分が出したアイディアを実現して、利益を生み出すことができるエンジニアになりたいです。
自分で気がついた問題を、自分たちで解決できるようなチームを作りたいと思っています」


アキ「それに、技術力・知識力で1位になりたい。
プログラミングを通じて、自分のあらゆるパラメータをあげることで、なんでも開発できるエンジニアを目指したいです」


――では、こういう人と働きたい、という希望はありますか?


アキ「多分プログラミングは、一生かけても学び終わらないものなんです。
日を追うごとにアップデートされるし、新しく開発されるものもある。
それを学び続ける中で、自分がまだ持っていないものをキャッチアップしていくことに面白さを感じる人と一緒に働きたいです。
プログラミングは海のように広く深い。その状況にワクワクできる人が良いですね」


――では最後に、このHPを見ている皆さんにメッセージをお願いします!


アキ「私はプログラミング未経験でこの会社に入りました。
大変なこともありますが、未経験だからと言って臆することはありません。
何も知らないのは確かに怖いけど、だからと言ってやらないのは本当にもったいない。
FOX HOUNDにはいろんな選択肢があります。心配せず、挑戦してきてください!」


いろんなお話を聞けて、私もなんだか熱中できるものを探したくなりました。
話すととっても魅力的なアキさん、今日はありがとうございました!


08.jpg